鍾馗さま

  • 2008.03.09 Sunday
  • 10:10

鞍馬本店の庇の上に掲げられている、魔除けの神さまです。
はるばるお越しいただいたお客様の、お帰りの無事を護っていただいています。
ぽかぽか陽気の今日は、お顔もなんとなく和やかです。

ユキハナ

  • 2008.02.25 Monday
  • 11:11

鞍馬名物、天狗さま。
2002年「京都まつり」で御池通を練歩き、その後縁あって鞍馬へお越しいただきました。
なが〜いオハナに、ささら雪がふわふわ、ふわり。

ほんのり

  • 2008.02.15 Friday
  • 10:15

手水鉢には氷がはり、燈篭は雪の帽子をかぶっています。
それでも、肌をさすような冷たさはなくなり、水に光に、変化を感じます。
雪の下で、ふくらんだ芽が春を待っています。

霧杳

  • 2008.02.05 Tuesday
  • 11:21

1日、月参りの朝の鞍馬寺山門です。
御山は白くとばりに包まれ、姿を隠しておられます。
木々の枝には雪の華が咲き、陽光にきらきら輝いていました。

頭上・足下・御用心

  • 2008.01.28 Monday
  • 10:29

鞍馬の駅から道は緩く傾斜があり、凍っていると危険です。
竹箒を手にした駅員さんが「気ぃつけてくださいね」と送り出してくれます。
軒先(と伏兵・電線)から気まぐれにダイブしてくる雪にも、ゆめゆめ油断はなりません。

白銀の珠 降る降る

  • 2008.01.18 Friday
  • 10:01

昨日一日、天からひらひら、ひらひらと。
景色は一変、色が失せモノクロの世界になりました。
先日のフキノトウも今は雪の下。

ふきのつぼみ

  • 2008.01.08 Tuesday
  • 11:58

駐車場の片隅に、ぽこぽこ姿を現しました。 ( これは観賞用です )
例年であれば雪の下に隠れて見えませんが、
今年は鞍馬もあたたかく、恒例の雪かきも機会はなさそうです。

亥の暮

  • 2007.12.26 Wednesday
  • 13:23

ときどき焚き火の白煙を目にします。冬にみるとほっこりします。
今年もあとわずかとなりました。
皆さま 御身体にお気をつけて、よいお年をお過ごしくださいますように 。

(冬)景色

  • 2007.12.16 Sunday
  • 14:35

初夏の頃と比べると、木立もがらりと様変わり。 【 5月 '萌芽' の項参照】
晴れた日は特に、寒さが突き抜けています。
日の入早く、過ぎ行く人も急ぎ足。

鞍馬寺 参道より

  • 2007.12.06 Thursday
  • 10:20

数日前、月参りの折に写しました。
階段が続く道の途中は、つい足もとばかりを見ながら過ぎてしまいがちですが、
立ち止まり、辺りを広く大きく見渡すゆとり、心がけたいと思います。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

京つくだ煮 くらま辻井

くらま辻井のホームページはこちら http://www.kuramatsujii.jp/ 古代より山菜の宝庫として知られる自然に囲まれた里で、先代より受け継ぎました手作りの心を大切に昔ながらの手法でじっくり炊きあげるくらま辻井の京つくだ煮。 火加減・味加減、目と手と舌で確かめつつ創りあげた逸品の数々をご賞味くださいませ。

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM